• トップに戻る
  • マイページへログイン
  • ご利用案内
  • 会社案内
  • カートをみる
  • お問い合わせ
RSS
 

ホットピンクスピネル・タンザニア産 0.800ct ルース 中央宝石鑑別書 (260280)

【ホットピンクスピネル】【タンザニア産】【スピネル】【ルース】0.800ct 【ホットピンクスピネル】【タンザニア産】【スピネル】【ルース】0.800ct hot pink spinel 理由を問わずご返品ができます

☆溢れ出る「愛」のしずく、そのみずみずしさ☆

「ホットピンク」という名前は、いわばトレードネーム(商品名。正式な宝石名・鉱物名とは異なる)です。
ネオンブルーやネオングリーンで有名な、パライバトルマリンやアパタイト。
あの、魅了されずにいられない内側から発光するような色合いの、ピンク・バージョンと表現すると分かりやすいでしょうか。

まさに目が覚めるような、そしてまるで温度を感じそうなほどの鮮やかなレディッシュ・ピンク。
写真では結構はっきりと内包されたフェザー(内部の亀裂)が写っておりますが、実際の肉眼ではほとんど気にならなく、輝きや色を妨げるようなものではありません。

スピネルが持つ宝石言葉は、「豊かな愛」
その豊潤な色合いにもぴったりな言葉だなと思うのですが、もしかしたらその本来の意味合いは別のところにあるのかもしれません。

スピネルは、実は18世紀まで名前を持たない宝石でした。
すべての色合いを持つ宝石であり、似た宝石に紛れていた期間が非常に長いと言われています。
その中でも、「黒太子のルビー」という名前で、長年ルビーだと勘違いされていた、英国王室の王冠を飾っていたレッド・スピネルは有名ですよね。
宝石鑑別の技術が今ほど確立していなかった時代、すべての色合いを持ち(もちろん、カラーレスも真っ黒も!)、内包物も少なく、硬度8上質のカットや研磨が施せる優れた耐久性を持つスピネルは、あらゆる他種の宝石の、品質の良い一粒だと勘違いされても仕方がなかったかもしれません。
それでも輝きを失うことなく、出番がくるまでじっと時を待っていたその懐の深さ・・・「豊かな愛」の宝石言葉は、ここにも繋がるのかもしれないと思ってしまいます。

そうは言っても、「ホット・ピンク スピネル」は、なかなか他種の宝石で類似の色合いの宝石はない、珍しい色合いの宝石です。
まるで、炎が涙を流したらさもありなんというような鮮やかなホット・ピンク。
自然界の何ものにも例えるのが難しい、天然のものだとは思えないほど鮮烈な輝きをたたえる一粒です。

この色の秘密は、微量に含まれる「クロム(Cr)」
皮肉にも、かのルビーと同じ色因なのですね。
クロムは、太陽の紫外線の下で赤く蛍光を発する原因であり、その結果ルビーをより魅力的に見せる元素ですが、今回ご紹介のスピネルにとっても、例外ではありません。
この「蛍光」は、太陽の下のように明るい場所ではもちろんはっきりと目に「光って」は見えないのですが、確かに赤く蛍光していることで地色の色合いをより強調する結果となり、蛍光がないタイプの石よりも鮮やかに、より輝いて見える原因の一つになるのです。

ずっとこの”時”を待っていたねばり強い宝石、「スピネル」。
日本女性に代表される大和撫子のような、一歩引いた謙虚さを持つ宝石です。

ホットピンクスピネル・タンザニア産 0.800ct ルース 中央宝石鑑別書 (260280)

価格:

45,000円 (税込)

[ポイント還元 450ポイント〜]
購入数:

在庫

1個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

スペック
種別 新品 (260280)
コンディション 未使用
素材
使用石・カラット数 0.800ct
(タンザニア産)
サイズ (a)6.34mm
(b)4.59mm
(c)4.06mm
重量 0.80ct
鑑定・鑑別機関 中央宝石研究所

ページトップへ