年末年始
キャッシュレス5%還元
RSS
 

ダイヤモンド原石 11.38ct リング・指輪 10号 K18WGホワイトゴールド 中央宝石鑑別書 【中古】 (264465)

リフレッシュメントジュエリーとは?
理由を問わずご返品ができます

☆恐竜がいた時代を思い出させるジュエリー☆

こちらのリングは、とっても遊び心がある、当店イチオシ中のイチオシ!の一品です。
まずこちらのリングを見た時に、多くの方が「えっ!?これって宝石なの?どこら辺が??」と疑問に思われたのではないでしょうか。
そうなんです!タイトルでお分かりいただける通り、実はこちらメインの茶色い石も含めて、使用されている石はすべて「ダイヤモンド」なのであります。
かなり大胆なデザインになっており、中央に鎮座するブラウンのダイヤモンド原石に直接石座(石を留める台座)が象嵌(ぞうがん)されており、 そこにもさらにイエローダイヤモンドが留められています。
その荒々しいダイヤモンドの原石を支えているメインの石座の爪の部分には、さらにカラーレス、ブラウン、イエローのダイヤモンドが散りばめられており、 かなり凝った造りになっております。
左右非対称の原石をそのままジュエリーに仕立てる為には、その石が持ちうる魅力を知り尽くした職人の“熟考”と“ひらめき”が欠かせません。

今回のこちらのリングは、このダイヤモンド自身がその時代にいたかもしれない、「ジュラ紀」や「白亜紀」を彷彿させるデザインです。
写真をご覧いただくと、リングの左側の爪部が恐竜の牙や爪のように鋭く、右側の爪部がゼンマイ(シダ植物)のようにくるんとカーブを描いていて、石座の爪の形に 変化がつけられているのがお分かりいただけると思います。
真ん中に留められている、ギラギラとした照りを放つダイヤモンドの雄々しい佇まいに寄り添う2種類の爪が、古代の荒々しい生命をそれぞれそのままに表しているようで、 想像力をかきたてられるリングになっております。
細部にまでこだわった細かな細工とメレダイヤの配置。
一見ただの石ころにしか見えないようで、光に照り映えるそのギラギラしたテリのある姿は、まさにダイヤモンドでしかありえない茶色いダイヤモンド原石―。
宝石好き・・・というよりは、石好き・・・さらにいうなれば、「鉱物好き」の方にお勧めしたい、「ジュエリ―&鉱物標本」のとても面白い一品です。

ダイヤモンド原石 11.38ct リング・指輪 10号 K18WGホワイトゴールド 中央宝石鑑別書 【中古】 (264465)

価格:

216,000円 (税込)

[ポイント還元 2,160ポイント~]
購入数:

在庫

1個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

スペック
種別 リフレッシュメントジュエリー
コンディション 非常に良い
素材 K18WG ホワイトゴールド
使用石・カラット数 メインストーン:ダイヤモンド 原石 11.38ct
サイド:ダイヤモンド 合計 0.58ct
サイズ サイズ:10号
※サイズ直しは、ご相談ください。
・クラウン部(リングの頭の飾り部分)
縦の幅:約21.4mm
横の幅:約16.1mm(メインの飾りの部分のみ)
高さ:約11.2mm
・指なじみ部(指の腹にあたる部分)
幅:約4.3mm
厚み:約1.6mm
重量 12.8g
鑑定・鑑別機関 中央宝石研究所

ページトップへ